おんがくのこと。

最近やっといわゆるディジタルオーディオプレーヤーを買ったので毎日通勤には音楽を聴いている。

買ってから詰め込んだのは全部洋楽。洋楽を聴くようになったのは・・・そーだな、英語を話すようになってからかなぁ。それまでは歌詞がわからない音楽なんて聴く気にならなかった。内容重視で。

でもなんだかんだ言って今でもシビれるのはフリッパーズギターのカメラ・トークとか。聞くとなんだか涙がでる。いまだ抜き去るアーティストなし、って感じ。
フリッパーズギターをリアルタイムで聴いてたときは田舎の高校生で、「渋谷系」なんて世界にすごくあこがれてた。
小山田くんもかわいかったけど、コーネリアスはあんま好きじゃなかった。どっちかていうとオザケン派だったのかな。
オザケンの初期のアルバムLIFEなんか永久保存版。聞くたび、ラッキーに武道館の6列目が取れて見に行ったコンサートとか思い出して、今聞いてもすごくいい歌詞で、
泣けてきちゃいます。

「分別もついて年を取り、夢から夢といつも醒めぬまま僕らは未来の世界へかけてく」
私は分別もついて年をとったけど、「未来の世界へかけてく」なんて思えない。少なくとも今は・・・

なにかを変えなくっちゃ。

カメラ・トーク

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック