FSH1日目

ほんとは生理開始2日目なんだけど月曜日にちろっと血を見た&明日は午後休診だから会社の帰りに行けない なので今日は3日目だと言い聞かし(えーのか、それで)、いざ出院(え)。

あれこれ説明されてまたまたまた!不妊学級に参加してないことに呆れられる。「ちゃんと勉強してIVFの流れは理解してますから」なんてことは言わずに「でへへ~」と笑ってごまかす。
言ってもしゃーないことは言わんがよろし。

で、今日は血液検査のための採血とETんときカテーテルがちゃんと通るかの確認(AIHんときカテーテルで入れてるんだからそれと同じじゃないんだろーか)、FSHの注射と、ついでに子宮頸ガン検査のために組織もとってもらった。カテーテルはちゃんと通って問題なし。
にしたって、バリバリ生理中の内診ってイヤなもんですな。椅子に座って待ってる間もジャンジャン血が下りてくるし、見ることはできなかったけど床は殺人事件現場状態だっただろーな。
診察後、看護婦さんにおしり拭いてもらって、かなりトホホだった。
さらに自分で注射しろとのこと。注射だけに通うのは大変だろーとの配慮らしい。
「いや。主人そーゆーの苦手なんで。毎日来ます~」というと「まー持ってってみて、相談してみてよ。イヤがったら薬持ってまた明日来て」とのこと。
ダンナ、絶対ムリ、つーか、あたしでもイヤ。だって、普通の注射針なんだも。ペンシル型とかじゃなく。しかも、痛い注射なんだよ。痛がるあたしにダンナ、平気なわけない。「もうやめろ」とか言うに決まってる。・・・こう打ってるうちになんか涙でてきた・゚・(ノД`)・゚・アウ

薬の混ぜ方とか教えてもらってる間、長ーい注射針を目の前で振り回されて気分悪くなっちゃった。
「やっぱ、ムリかもです~」と看護婦さんに言うと「日曜日は自分でやらなきゃだし、夜10時にうつのもあるしね」とのこと。げ。HCGは自分でやらなきゃなんだ。それはそれは・・・。やらねばですね。

AIHとあんま変わんない(払う金は10倍以上だが)感じで出向いてったんだけど、やっぱAIHのための卵胞刺激と、IVFのためのとでは病院側の緊張感が違う、ってーか、かなりシビアに計算してて、先生や看護婦さんたちの態度でこっちも緊張してきちゃた・・・。先生にも「いよいよ!」とか言われちゃうし。いよいよ!なんだぁ、あたしー(*゜Д゜*)って感じ。

お金もすごいよ。びっくりした・・・18000円。細胞診も含めてだから、14000円かな。
これからお金いっぱい持って病院行かねば。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック