自己注射でキョーフ

土曜日からヒュメゴンに注射が変わった。
一般にFSHより痛いとされるHMG。土曜日は看護婦さんにやってもらったけど、病院で一番ヘタな看護婦だったから余計痛い。さらに日曜日は自分で打て、と。やだー。

150単位を2本渡され、溶解液2mlを1mlずつ入れてそのうちの1本から0.5ml吸えとな。
んな計量が必要なこと、患者にやらせていいんかい、おい。
で、いざやってみた。
アンプルを割ろうとするけどなかなか割れない。やっとこ割れたけど、ガラス片が・・・えええええ。
これ、中に入っちゃってて、それを吸い上げちゃってガラス片ともども打っちゃったらどーなるんだ?!怖い、怖すぎる・・・。
が、めげずに吸い上げ作業。が。全部吸い上げても1.5mlにしかならない。どーしてー?
でも足りないもんはしょーがないので、7.5mlずつヒュメゴン粉が入っているアンプルへ。あっとゆうまに溶けるのね。それをまた吸い上げ作業・・・難しすぎ。なかなか吸い上げられないから注射の棒を下に下ろしてもう一回、と思ったら、針から液が、ぴ~~~~~ っと出てきてしまい。ただでさえ足りないのに、また減った(笑)。

結局吸い上げられたのは1.2mlくらいにしかならず。不安爆発。
まぁ、とりあえず打つか。
「殺したくないので俺はしない」と針を刺すことを拒むダンナに見守ってもらいながらいざブズリ・・・あああああ、痛い&手ごたえありすぎ。
「押して~、押して~」とダンナに棒を押してもらう。が、針が前々奥まで刺さってなかったらしく、液が入るにつれ見る見る腫れてきたノД`)・゚・。 最後のほーにゃ、針の穴が外に出てる状態で液がチロチロと・・・。サイアクだノД`)・゚・。刺しが甘かった。でも、でも、手ごたえありすぎてあれ以上奥にいれれれなかったんだよぉ。

早くどこかに散ってしまえー、ともみまくり、やっと腫れは引いたが、これは間違えなく内出血するな。

HCGんときが初めてじゃなくってよかった・・・次んときはもっとぶっすりやらないと。

※溶解液が足りなかったのはアンプルの蓋部分に液が入り込んでいたのを落とさずに割ってしまったからでした。あほー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック