カンペキの中のカンペキ。

今日また会社の別の人から「ほんとに戻ってくんの?」的メールをもらった。
ったく、どんだけ「育休=そのまま二度と帰らず」の人多いの?!

それはそうと。
息子は昨日からとても元気で熱もなく、今日は保育園に行けるよね~なんて思ってたらダンナが「仕事に戻ったら少し無理してでも(保育園に)通ってもらわなきゃなるんだから今くらいゆっくり休ませて側にいてやれ」と。

じゃあ、あんたが側にいてあげれば?

と心の中で毒を吐く・・・。だってせっかく保育園に慣れてきたのに週末含んで4日も欠席したら彼のちぃさい脳ミソからは「保育園=ちょっと楽しいとこ」イメージがどんどん消滅し、またずーっとダッコとか、トホホな問題児になっちゃうじゃん・・・。

うちのダンナ、公私共にとてもカンペキな人なんだけど、カンペキなだけによりカンペキを求めてしまって世間一般男的な発言をされるとカチンとくる。↑の発言もそうだけど、
保育園のWebカメラを見て「泣いてるのに側に行ってあげられないのが辛い」とか。
だから?って感じ。息子を保育園に入れて私は仕事に戻るっていうのは二人合意の上で決めたことなんだし、知らないところに突然一人にされて泣いちゃうのなんてあの月齢じゃ当たり前だし(泣かないほうがどっかおかしい)、だから辛いとかなんとか言ったってなんの益にもならないのに。なんか、私の復帰を責めてるみたいに聞こえる。そんなときまた、

じゃあ、あんたが側にいてあげれば?

と心の叫び再び。
ほんと、ダンナが専業主夫になってもぜーんぜん構わないんですけどーって感じ。つーか、2人目の育児休暇、自分取れば?って。
実際そんな気サラサラないくせに、「側にいてやりたい」とか気軽に言わないで欲しい。そーゆーの大嫌い。

母親、父親、そんな区分けなく、私たちは「親」。「「子」の面倒は「親」が見る」。今後ダンナには是非そういった心構えでいてもらいたい。私たちのどちらかがいれば万事OK息子はっぴ~、みたいな。

なので、料理もできるようになって下さい・・・(彼は家事で料理だけができない)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック