おなかに赤ちゃんがいます

去年から鉄道各社が配っているマタニティマーク。
あれってなんか「妊婦だ。やさしくしろ」って、受身にまわりから何かを要求している感じでイヤラシイ。


そもそも見ず知らずの誰かにやさしくされることってそういった道具で誘導されるものではないと思う。「マタニティマークをつけていたのに誰も席を譲ってくれなかったんです!」だぁ?アホか・・・「妊婦なんです、席を譲ってくれませんか?」とお願いした結果譲ってくれなかったならひどいけど、自分は何もせず無言で他人がそのマークに気づくことを期待してただけじゃん。他力本願極まりなし。自己防衛って言葉を知らないのかしら。
「妊婦さんだ、大変そうだから、席を譲ろう」って思う人もいるし、「おなかに赤ちゃんがいます?だから?」もいる。それは人それぞれ。100人が100人同じ考えを持つことを期待するからムカつくわけで最初から期待しなければいいのに。
個人的には妊婦だろうがなんだろうが、席を必要とする人とみなせばそんなマークをつけてなくったって席は譲るべきだし、優先席は本当に席を必要とする人のために空けておけばいいだけだと思う。
私だったらマークつけて自己主張してる勘違い妊婦よりつけてない妊婦にやさしくするなぁ(へそ曲がり)。

なーんて言って、私も妊婦。
土曜日出勤帰り人気のない日本橋駅でマタニティマークのポスターが目に入り、ふと、「休日で駅も空いてるし、人生で最後の妊娠生活だろうから記念にもらっとくか」と思い立ち、駅員さんにコソコソと「マタニティマーク下さい・・・」とお願いした。
帰り道、かばんにつけ、優先席に座って見た・・・恥ずかしい・・・ありえない、妊婦であることを宣伝して歩くなんて、ありえない・・・。マジみんなよく平気で付けてるなぁ。その神経、ある意味ソンケーするよ・・・ほんと、妊娠中ってすべてにおいて感覚が狂ってる人多いよね・・・。

結局マークは今母子手帳ケースについてます・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック