ホントに最後の妊婦健診。

産後健診に行ってきた。他の産院で産んだことはないのでわかんないけど普通は赤ちゃんの健診と一緒の日にやるもんなんだよね?でもお産した産院では退院10日前後で健診。これっていい仕組みだと思う。家に帰ってからいろいろ悩みも出てくる頃だし引きこもりから外出し始めるいいスタートって感じで。一人目の時この外出がすごく気分転換になったのを覚えてる。

心配だった尿モレも今回は大丈夫みたいで無事通常経路で産院に着いた。
当然だけど妊婦・妊婦・妊婦・・・デカい腹・・・なんて自分も2週間前までそうだったのに。
問診で処置室に呼ばれると助産師さんが対応してくれた。
入院中に相談した左胸の白斑を見てくれるそう。前回は外来の看護師で適当に終わらせられたのでおっぱいを出しやすい格好でこなかった(;´д`)ワンピースをベローンとめくらないと出せないという・・・タオルで隠してくれたけどトホホ;
白斑チネリ&相変わらずガッツガツに張ってるおっぱいをマッサージをしてくれた。ピューピューおっぱいが噴水・・・「天井に届きそうねー」なんて言ってるとザワザワ後ろが騒がしい・・・院長先生の「オペだオペ」って声が聞こえ、まもなく「ただ今緊急帝王切開に医師二人が対応しております・・・」のアナウンス。二人分ここに通っててこのアナウンスは始めて。怖い~(;´д`)こっちが緊張するよ;一度だけ生まれたての赤ちゃんが救急車で搬送されるのを見てこっちが泣きそうになったことがあるけどその次に怖い;;;
そんなことがあっても私のおっぱいはチネリまくられ・・・でも白斑は結局取れず、様子を見ることになった。

先生が二人いないってことは3つある診療室が1つしか稼動していないってことで待たされるのは覚悟して雑誌をのんびり・・・と思ったらすぐ呼ばれた。
院長先生が一人外来に残って診療室をハシゴしているらしく内診台に乗ったまましばし待たされる・・・院長先生に診てもらえるなら我慢しよう・・・。
院長先生が到着し、超音波で子宮が移される。当然だけど、誰もいない、ぺたんこな子宮・・・。2回の膨張お疲れさまでした。
「出血も少なかったしいいお産だったって聞いてます」と言われうれしくなった。最後の最後で院長先生に会えて良かった・・・。

すべてで特に問題なく終了。もうこの産院にお世話になることはないと思うので「2回の出産、大変お世話になりました」と挨拶をした。「あっというまに二人のお母さんになっちゃったね」と院長先生。ほんとですよね・・・早い早い。

会計を済ませ産院を後にする。あー、これから産婦人科を受診するときは病気の時だけなのね・・・と思ったら寂しいもんだ・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック