産院に舞い戻り。

一昨日の夜中、授乳していると猛烈な尿意を感じトイレに行くと排尿痛(;´д`)・・・この痛みはとーい昔に経験したことありあり・・・膀胱炎;非常に辛かったことをいまだ覚えているのでドーンと憂鬱になりながら夜が明け。

その日は姉家族が遊びに来る日だった。姉に「どーお?体調」と聞かれ「やー、今日から膀胱炎になっちゃった」と言うと「えええ(;´д`)大丈夫?!」と膀胱炎エキスパートの姉が嘆いた。彼女は今は知らないけど一緒に住んでる頃慢性の膀胱炎で常に抗生物質を手元にキープしてるくらいしょっちゅう膀胱炎になる人だったから、膀胱炎の辛さはよくご存知。でもそのときは排尿痛と残尿感はあるもそれ以外はケロっとしていたので元気だった。それよかほとんど終わりかけていた悪露が鮮血になっちゃってて、そっちの方が気になった。膀胱炎症状って悪露が出きらないうちに子宮口が閉まっちゃったときもあるらしいし。

翌日産院に行くのが確実だったんだけど連休中で混んでるみたいで予約がいっぱい。悪露も気になったけど膀胱炎なら抗生剤を飲むしかないんだからどこ行っても同じだし、混んでる産院は行きたくない~と思い、姉家族が帰ったあと薬をもらおうと休日診療に行った。尿検査をすると白血球とタンパクが出てるのでやっぱ膀胱炎。授乳中なので授乳しながら飲める抗生剤を出してもらえると思ったのに「何かあったら困りますから」と授乳を止めるように言われる。セフェム系にしてくれれば大丈夫なはずなんだけど・・・と思ったけどなんせ休日診療なのであきらめて帰宅。やっぱ休日診療なんて役立たず。

帰宅後モンモンと考えた結果、授乳を止める辛さのほうが辛い&一ヶ月も経ってないのに数日でも授乳を止めることに不安、という理由からもらった薬は飲まなかった。
そしてその日の夜。強烈な腰の痛み。寝ても起きても座っても直らないので腰痛ではなく、膀胱炎のせいで痛いらしく。痛みに悶えながら過ごす。ああ、腎盂炎とかだったらどーしよう・・・。

で、翌朝。長男とダンナに起されて起きようとしたらキョーレツに腰が痛い!腰っていうか、右わき腹の辺。ヤバい、片側だけ痛いのって腎臓っぽい・・・(;´д`)どーしよ、どーしよ、やっぱ薬飲めばよかったかも・・・。
ダンナに会社を休んでと泣きつき、泌尿器科に行くか、産院に行くか迷った結果、1ヶ月経ってないし、悪露の件もあるので待つの覚悟で産院に行くことにした。
一応事前に電話して症状を話すと薬を出すから来いとのこと。歩くのも辛いのでタクシーで産院へ・・・もう二度とお世話にならないと思ったのにもう舞い戻ってきたよ;;;

もうすぐ産院、ていうあたりで携帯にメールがきた。診察15分前を知らせる産院からのメールだった。わぁ、予約入れてくれたんだ!親切~~~~!ってーか、最近ミクで悪く書かれることが多いここだけど、悪くないと思うけどなぁ。特に痛い時とか困ってる時とかこうやって助けてくれるし。

検査のお小水を採り、20分程で診てもらえた。当然膀胱炎の診察。授乳しながら飲める薬も出してもらいひとまず安心。ほー、良かった・・・。
母乳を出してるのに摂取水分が少なかったお小水の量が減って感染したのでは?と言われ、確かに、と思う。一人目の時は「出が良くなるように!」と意識して飲んでたけど今回は母乳の出を気にする必要がなかったので食事のときくらいしかお茶を飲んでない。うー、反省。

今日はダンナ、明日は母に再び来てもらい休息を取り、なんとか明後日には回復したいところ・・・今週から一人でがんばる予定だったのに、いきなり初日からくじけた;ここまで順調に回復してたのに突然調子ダウン・・・うう、今後が不安です;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック