試験受けたよ・・・。

週末に例の資格試験を受けてきました。どエライ早い時間に高田馬場だったので久々5時起き。まだ空も真っ暗の中早番やってたときを懐かしみ一人でTVみながら朝食。復帰したら超早起きで自分の時間を作るのもいいかもなーって思ったり。

で、結果どーだったかというと。

正直まったく自信ないです。

~ここからは 言い訳~

この1年近くガキ絡みの物事としか接せずノホホ~ンと過ごしてきた私に4時間ぶっとおしのボリュームの試験はきつかった。集中力が続かないので途中から問題を何度も空読み(読んでも意味が頭に入ってこない)してしまい、時間が足りなくなってしまって。全問解いてマークシートを塗りつぶして2分後にタイムアップでした(;´д`)アブネ~
「あとで見直そうっと」って思ってとりあえず○しといた問題がたくさんあったのに・・・。

と、

そもそも12月の試験に向け一般的には8月くらいから準備し始めるものを私は受けるか受けないかを11月の中旬まで決めてなく。私はこの資格の仕事をしていないので(密に仕事をしているが)、人よりたくさん勉強しなきゃいけないのに。
が、突然受ける気(というか、受けられそう?!って状態になった)になり1日駆け足でレビューするセミナーにあわてて参加、そのあとの1ヶ月間必死に勉強するも、日中は次男の世話と普通の家事で時間なんかとれず、夜も寝かしつけてもどっちかがグズグズしたり・・・。それでも母に来てもらったりして必死に時間を作り勉強した。次男を一時保育に預けようと何度も思ったが季節柄病気をもらってきたときのインパクトを考えると怖くてできなかった;
セミナーを受けたあとはいままで「チンプンカンプン」だったテキストもサクサク読み進めることができ、知らないことがたくさん知れて勉強も楽しくなってきた。「よ~し、受かっちゃうよ~」なーんて・・・

が。

試験前最終週の頭に私がキョーレツな風邪を引き熱まで出ちゃってダウン(ひっさびさ8度台まで出たよ・・・;)。
同時に長男が熱を出した、と思ったら体にボツボツボツ・・・また!水疱瘡(;´д`)って、水疱瘡は2回ならないので前回は誤診(;´д`)(;´д`)(;´д`)(;´д`)
直前スパートをしなきゃ追いつかないのに自分の体調不良&長男保育園に行けず のダブルパンチで最終週はほとんど勉強できず。

~言い訳 終わり~

つーわけで、集中力不足&勉強不足&体調不良 で、試験の手ごたえゼロ、いや、手ごたえあるかどうか考える余裕もないうちに試験は終わった・・・。早起き&緊張&4時間フル稼働&「試験終わった~」の緊張切れ でその日の夜再び発熱してしまった;弱いぞ、私・・・;;;


っていうかね、試験を受ける、って決めてから1ヶ月間、身にしみて感じた。

私は、もう、子育て以外何もしちゃいけないんだ!

って。ムリだも。ムリムリ。時間なんて作れない。
さらに自分が熱出してさらにさらに長男が水疱瘡だってわかったときにゃー悲観度MAX、

私の人生、これま~で~よ~(怒)

なんてね・・・これは大げさすぎるけど、勉強の内容が予想以上に興味のあるものでますます資格を取ってこの仕事をしたくなったからっていうのもあり、ここでパスしとかないと復帰したあとどーすんの?!って・・・。
何回か過去に書いてるけど、本当に私の職種は時短もしくは定退しながら、子育てしながら、続けるのは厳しい内容で。もちろん配慮してくれるけど何より自分が納得いかない。納得行く内容で仕事できないんであれば、思い切って職種変更しよう、と。
さらに興味もありありになってきたから「う~受かるぞぉ!!!」と盛り上がっていたので最終週のつまづきは本当にイライラした。

集中力不足も風邪を引いちゃったのも自分のせいなんだけど、さらに周り(子供&ダンナ)が足をひっぱると怒りは頂点・・・「早く帰ってきて」って頼んでダンナは帰ってきたのはいいものの結局子供たちは私なしでは寝れないし、早く帰ってきたって、毎日ビール飲んでゆっくりメシ食って(最近晩酌するようになった・・・ムカ)さらに「仮眠」とか言ってソファーで高いびきされた時はマジ殺意感じたよ・・・。

「今すぐ会社に「育児休暇とりまっす」って言って来い!私が稼いでくる!」

って何度言いたかったか・・・。


そんな絶望感、悲壮感に包まれた一ヶ月も終わり、毒から開放された気分です・・・ダンナも私の漏電(ピリピリ~)が止まってホッしてると思います。もちろん私の不安は開放されないけど、とりあえず今は忘れることにします。
長男の水疱瘡もあっという間に回復(長引いた前回はやっぱりトビヒかなんかだったんだろうな)、明日から出勤、いや、登園してくれるし、次男とのんびり過ごします・・・ってーか、明日次男が発症したりして(;´д`)
予防接種してない水疱瘡ってどんだけひどいんだろう、怖いよ・・・;;;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック