9・10ヶ月健診と母乳育児ってどーよ?!

インフルエンザの嵐が吹き荒れる小児科だけど、そんなこと言ってたら何もできないので9・10ヶ月健診に行ってきた。予防接種も予定しているものすべて済んだし、産まれてから手厚く大事大事~にしてきた時期が終わったなーって感じがする・・・しみじみ。

次男さん、一度も育児相談に行ってないので身長・体重の記録が6・7ヶ月健診以降ない・・・でも体重はゾクゾク増加してるのは知っていた(;´д`)アア・・・やっぱり11キロあった;11キロジャスト。身長76センチ、体重は完全に成長曲線からはみ出し、そしてカウプがギリギリ19でなんと「太ってる」の域に(;´д`)誰なんだよ、おまえ・・・。
大きいのは育ててる私が一番実感、いや、体感してたんだけど、こうして数字を見るとズーンと負担に感じる;
なんでこの子はこんなに育つんだ?!なんか成長ホルモンの異常とか、そゆのじゃない?と思ったけど何も言われなかったので健康優良児として喜ばしく思わなきゃいけないんだけど、もう少し「ちっちゃい赤ちゃん」を楽しみたかったのに・・・長男がデカいので余計に;
ここのままデケけりゃお相撲さんにでも?相撲の街に生まれ、そのまま地元の部屋に・・・なんてTVで取り上げられそう(*´▽`*)なんて話したら、東京の子は根性がないから部屋で取らないんだって。確かに。

なーんて、小さけりゃ小さいで心配、大きけりゃ大きいで心配・・・赤ちゃんって心配されながら大きくなるもんだわさ。とりあえず先天性の病気を持たずに産まれてきてくれたことを喜ばなきゃだよね。体への気遣いゼロ、やりたい放題、高齢の私からよくぞ健康に二人も生まれてきて下さった・・・ありがたや、ありがたや。

何気に今日で次男さん産まれて300日。9ヶ月に入り3回食にしておっぱいを減らした途端ぐーんと育てやすくなった。夜はあいかわらずちょくちょく起きるけど、まぁ、今の時期は仕方ないのかな、って、手がかかる息子(長男のことです、ハイ)を持つ母としてはまだ寛大に対応できる範囲。

二人を似た様に断乳させようとしている上でふと・・・

母乳育児って、結果的に育児を3倍大変にするんじゃん?!

って。
もちろん赤ちゃんの栄養として母乳が一番だから全くの愚問だし、月齢の低いうちの授乳回数多いうちはミルク作るのも大変だから一概には言えないんだけど、月齢が上がるにつれて母親が子育てについての悩み事って圧倒的に「完母だから」の理由で発生する問題。離乳食食べない、おっぱいがないと寝ない、夜続けて寝られない、いつまでも卒乳できない、ベッタベタのお母さんっ子、などなど・・・。

だから良いとこ取りで二人目は6ヶ月、母乳パワーの威力が下がり、離乳食が始まった時点からおっぱいを止めたかった、けど、哺乳瓶をイヤがってしまったからムリだった(;´д`)

二人を完母で育てたけど、母乳育児信仰には「?」な私です・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック