おかあさんといっしょ に行ってきたよ。

長男、おかあさんといっしょ出演券を獲得・・・応募方法を知ったのは3歳になってしばらくしてから、出し忘れた月もあったので確か3回目で当選?かな。
そんな簡単に当たらないもんよね~と気合ゼロだったんだけど。そもそも長男おかぁさんといっしょはもうあんまり見ない・・・が、友達が当たって行ってきたって聞き。周りはみんな当たってるって。えー、じゃあうちも真剣に応募すっか!ギリギリまで!と思ってたらその月に当ったw。
たまごクラブモデルにも2回選ばれてるし、この手には強いぞ、長男。

出演済みの友達から聞いたり、ネットの体験談を見ると・・・「泣く子は容赦なく退場」「壮絶なポジション争い」等々・・・恐ろしい。
強制退場に関しては、ダテにゼロ歳から保育園児じゃないよ、長男。集団行動、母子分離は得意なので心配なし。ポジション争いは・・・多分ムリだろうな。ただ、「おにいさんのおとなりに座るんだよ」と呪文のように言い聞かせた。「うん、xxxくん、おにいさんのおとなりに座る!」と言うほどしっかり洗脳。

で、当日・・・当然私は仕事を休み、長男も保育園を休み。「なぜ、オレだけ保育園?」と怒るかと次男、「おかーさんとーおにーちゃんはーおるすばーん」とうれしそうに主人といつもどおり出かけていきました。エラい、ってーか、幸せな性格。逆だと長男は大騒ぎなんだけどね・・・。

集合は11時40分。食事を済ませてから行くには微妙な時間・・・渋谷駅近くで食べるより会場のそばで軽く食べればちょうどいい時間になるから渋公(今はccLemonとか言うんだっけ)裏辺りのカフェかファストフードでいいか、と思ったんだけど地図を見る限り入り口は渋公側から遠く離れているように見え、かなりの距離歩きそう・・・。なので渋谷西口で軽く食すことにした。これが正解。食べたあと「うんこ~」。これを時間ギリギリでやられるとたまらんからね。無事済ませ、バスで放送センターへ。やっぱり放送センター西口は渋公からはエラい遠かった。バスで行って正解。NHK敷地は広いぜ。

集合10分前に着くと玄関には何組かの親子・・・家族総出で来てる人も多い。地方から来る人もいるしね~。ちょっと待ってるとウワサのエプロンおばさん(失礼、おねぇさん?)に案内され入ってすぐの小さい部屋で待たされる。が、これもすぐで、案内・説明が始まった。子供を退屈させることなく次々と指示がでる。さすが子供扱いなれてるなー、と関心関心。

出欠確認(ハガキ確認と一緒に名前を子供に聞く。替え玉(他の子の名前で応募)防止?)、おみやげ受領(130サイズのでこぼこフレンズのTシャツ・・・これ着れる年にはでこぼこフレンズ、終わってませんか?)、トイレを済ませて廊下で待ってると・・・いよいよおにぃさんおねぇさん達登場!!!「うわぁあああ!」の歓声は子供からではなく保護者からw あ!!!!!いかん、だいすけにいさんのTシャツ赤・・・長男も赤・・・同色二人並びは絵面的にきっとありえない・・・しまった、スペアを手元に持ってるべきだったぁぁ(そこまでやるか)。
とにかく、4人ともTVと声が一緒!生声なのにすっごくよく通る声。プロ~。よしにぃさん、デカ!だいすけおにぃさん、TVよりかっこいい・・・。

いろいろ指示が出る中、みんなと一緒に座れない子、親から離れられない子、走り回ってる子、等々・・・すでにこの時点で「要注意人物」として目を付けられるらしい(友人談)。目と付けられた子は子供の輪を離れ親と一番後ろへ。
人の子供はとにかく、我長男は・・・指示通り体育座りでしっかり話を聞いている。まぁ、当然。ってーか、3歳過ぎてるのに、座って話聞くことすらできない子って、どーなの?観察してると、なんかちょっと病気?なのかなぁ。多動とか、そういう系?ちょっと普通じゃないような。まぁ、いろいろいるからね・・・。

そんなこんなでいよいよスタジオへ。2列に並んで細い廊下をグニャグニャ曲がり・・・結構な距離。それにしたってNHKは古い。こんな古いビル来たの久しぶり。勤務先ここはヤダなー。
スタジオは意外にせまく、例のオープニングのセットがあり、その前に3台カメラ、そして保護者席。奥に少しスペースあり(ゴッチャ!を撮る場所と後で判明)。
子供たちはおにぃさんたちに促されリハーサル。リハにはモノラン3人衆も現れ、グズっていた子も何人か輪に加わり・・・兄・姉・エプロンおばさん総動員で子供をあやし、なんとかグズる子を仲間にいれようとするが・・・号泣の脱落者数名・・・泣かないも、涙をため悲壮感漂う子も排除・・・その子たちがスタジオに戻って来れたかは不明・・・合掌。
リハの様子はもちろん目の前で見れるんだけど、それと同時にカメラで映された画面もTVで見れるので両方見てるので大忙し。

リハが終わりいよいよ本番。「xxxくん、おにいさんと座る~」と私にまで聞こえる大きな声でだいすけおにぃさんと手を繋いだ長男「でかした!!!!」と思うや、席はすでに他の子で埋まり・・・という悲しい状況;;;嗚呼、長男、がんばったけどダメだったね;でもしっかり言えてたの、かぁさん聞いたよ・・・よくやったよ・・・。
みんな収まった後もレフト、ライトからポロポロとセンター(歌兄・姉側)に座りたがる子供が席を立つ。え~、それが通ったら長男が隅に追いやられちゃう!とアセるも、やんわり却下された。ホ。
残念ながらお隣はダメだったけどセンターの、おにいさんからチョイ斜めずれ前席。モニタをみるとおにいさんおねぇさんショットにも入る、位置、かな?アナログ3:4サイズだと切れそうだけど、まぁまぁのポジションにつけ、しっかり振り付けもできてました。すばらしい。

オープニングの歌が終わるとその席に座ったまま番組の流れと同じように歌のアニメがTVで流れ、それをおにぃさんおねぇさん達と鑑賞。
その間に・・・周りのスタッフの動きに注目・・・そう・・・「今日のゴッチャ!ちゃん」が選ばれる瞬間!!!!!「やった~」と小さくガッツポーズおかぁさんが斜め前に。と見ると、男の子が一人まゆおねぇさんと奥のスペースに行きました。いいなぁ・・・。
TV鑑賞が結構長く(ゴッチャ!のリハをやってるので仕方ないけど)、しかもそのTVは保護者席から見えないし、モニタが邪魔で我が子の姿も見えないので結構退屈・・・だったので、奇行の子供たちを観察。
じっと座ってられない子、エプロンおばさんを叩き続ける子、何度注意されてもセットにいたずらし続ける子(最後は本当に壊し、撮影が中断)、お友達を片っ端から突き飛ばして歩く子(長男も突き飛ばされてた)と・・・奇行はぜんぶ男子。やっぱ男ってヘンなヤツ多いんだね・・・こーゆー子が将来事件起こしたりすんだろーなー、なーんて。

なんて思ってるとゴッチャ!の音楽が始まり・・・撮影開始。番組と同じ流れで撮影が始まってびっくり。1発勝負なんだ!まぁ、子供は大して踊れなくてもいいから、なんとかなるのかな。
ゴッチャ!が終わり、子供たちを中央に集めセットをパワワップ対応に変更。まねっこピーナッツのような参加型のない日の撮影か・・・残念。
パワワップ、カメラ前最前列をびっちりキープしたのは全員女子。さすが・・・「カメラの前で踊るのよ!」とかいわれたんだろうな・・・こうゆうのは女の子が断然強いよね。アイドル志向、っていうか、カメラ目線得意そう。長男はとにかくおにいさんの側にいたいらしく・・・そうすると子供群に埋もれてしまい・・・映る期待が高い橋くぐりも、でてきたモノラン衆の青いの(プート?ひゅーひゅー袋持ってるヤツ)に夢中で全然くぐらず・・・ガクっ。でも、すごく楽しそうだったの
でよいでしょう。そして、最後に風船が落ちてきておしまい。風船は空気を抜いて持ち帰れます。

そうそう、体操中に奇行男子同士の小競り合いがあり、すわ、撮影中断か!?までに。兄姉がフレームインするかしないかで仲裁に入ったんだけど、それが映っているか、ちょっと楽しみw

最後に集合写真を撮って、おしまい。このときも奇行の子の一人はよしにぃさんに抱っこされて撮影(みんなと一緒に並んで座れないから)されてました。奇行が得するなんて、なんか気に入らないっ!
手のかからない子は目立たないものね~。集合写真は郵便振込で後日申込みます。

とにかく長男よくやりました。そそくさと玄関からタクシーに乗りめったに来ない渋谷方面、当然表参道へGOGO!
ヒルズの大人向けカフェでお昼を食べても全然問題なしの長男、買い物にも大人しくついてきて私も大満足。帰りの電車では爆睡でした・・・お疲れ様。

とにかく楽しかったよ!次男も3歳になったら応募するぞ!が・・・当たらない予感・・・この手のものに全く選ばれない;縁がないよう;見た目は長男よりいいのになぁ・・・。



"おかあさんといっしょ に行ってきたよ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント